スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CKDV】コトー伯爵の日記~第2章~【AAR】

.05 2009 コトー伯爵の日記 comment(0) trackback(0)
大切な人を失うのは大変切ないことです。
先日、尊敬する比較地誌学の先生が退官された。
歳は60をちょい過ぎた感じにだと聞かされている。
まだまだこれからも大学で教鞭がとれるくらいの元気さと情熱を持っていた。
先生はどんな落ちこぼれの生徒でも必ず卒論を書かせることで有名だ。
最後の提出締切ギリギリまで先生のゼミ教室では、
部屋の明かりが夜遅くまで灯っている。
先生からまだ教わりたいことがたくさんあったのに・・・
うちの教授もいつになく真剣な顔で別れの言葉を伝えていた。

その先生が大学へ残した言葉は

「ichigo-ichie(一期一会)」

日本語だとおっしゃっていたので調べてみると先生らしい言葉だと
しみじみと実感した。

(ヒュー・シェトランドの研究ノートより)




1070年3月7日
我が領内はこれまでになく規律と政情が安定しているとの報告を受けた。
激しい戦乱に巻き込まれずにいることが幸いしたのだろう。
安定度上昇

1070年7月9日
今度はさすがに女の子が産まれた。
名前をスヴァンヒルドと名付けた。

1071年2月21日
妻の心配ばかりしていたのだが、
自分が病に罹ってしまった。
神よ、せめてうちの子供たちが成人するまで我が命を…
病得る


1071年3月12日
長患いの闘病生活の末、ブディヴォイさんが先に旅立ってしまわれた。
ブディヴォイ死亡


1071年10月14日
あやしげなまじない師が我が領内にやってきた。
なんでも、報酬を払えば病を治すといってきている。
今はわが身が大事なのでここは報酬を払うことにした。
祈り


1071年10月17日
気がついてみたら病の症状が消えた。
あのまじない師は神の使いだったのかもしれない。

1072年3月15日
グリムと大喧嘩した。
他家への仕官を希望していたので勝手にしろ!といい、暇を与えたのだが…
何故かまだいる。
あれだけ口論したのに不思議なものだ

1073年5月16日
嫁のマリアが4人目の子供を授かった。
出産予定日までが待ち遠しい

1074年2月14日
悲報を受けたのは領内の見回りを終えて城へ着いてからだった。
妻マリアとそのお腹の子供は二人とも私の元から天国へ召された。
あまりに悲しくて食事も喉に通らない
マリア死亡


1074年3月14日
私のあまりの悲しみを心配してなのかアルヴおじさん夫妻らが水面下で
新しい嫁をさがしてきた。
渋々とお見合いしたのだが、彼女は変だ。
神学者でありながら、不信心を持ち、何故か貞操を大事にしている。
掴み所の無い彼女に一目惚れした。
第2の結婚


名前はインゲボルグ・リルメ
30歳を過ぎて初婚なのはよほどの訳があるのだろう
この先の人生まだ長いと思うのでマリアも許してくれるだろう…たぶん
新しい嫁

不信心

神学者




オックスフォードの空はいつになく悲しげにしとしと雨が降っている。
明日は晴れたら気持ちよく外の芝生で本でも読みたいと思う。
うちの教授はなにやらボンボンと口ずさんでウイスキーを湯飲みで啜っている。

たしかこんなメロディーの曲だった気が・・・




comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://5geonet12.blog87.fc2.com/tb.php/60-546f264e

プロフィール

geo.net

Author:geo.net
大航海時代オンラインB鯖
イングランド国籍ゲオルグ
造船マイスターでもさぼり気味です。

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

geoらじルーム

Stickam(配信用)
金~日:21時~23時配信(その他不定期)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。